公開講座

2011年9月公開講座

災害と女性-未来(あした)をつくる
【日 時】2011年9月 18日(日) 13:30~16:30
【会 場】 東京ウィメンズプラザ ホール
(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
【参加費】会員 1,000円  会員外 2,000円

※このシンポジウムは、韓国挺身隊問題対策協議会(日本軍の慰安婦問題を解決するために結成された)からおくられた支援金によって開催されます。

いま、被災地で地域と生活の再建がはじまっている
うしなった大切な人々への悲しみといたみをいだきながら、
今こそ、子どもや女性、高齢の人、障害や病気をもつ方々が置き去りにされず、
誰もが安心して暮らせるコミュニティをつくっていこうと 
女性たちが智恵と力を合わせている


パネラー: 
福島裕子さん
プロフィール・・・岩手県立大学教員
日本助産師会岩手県支部緊急母子支援の活動に従事。避難所運営において女性への暴力の防止や支援の必要性をいち早く提起、避難所生活を送る妊婦や幼い子どものいる女性への支援を実施。

宗片恵美子さん
プロフィール・・・イコールネット仙台代表。エルパーク仙台運営の傍ら、東日本大震災の被災地において、女性サポート「せんたくネット」事業を発案して実施。単に女性の役割としての洗濯ボランティアだけでなく、女性の声を聞いて、ニーズを発掘して支援につなげている。

中島明子さん
プロフィール・・・東日本大震災女性支援ネットワーク共同代表。和洋女子大学教員。専門は建築学。コミュニティを重視し、女性や高齢者などの視点を入れた仮設住宅や復興時の建築に提言している。

司会: 
柘植あづみさん
プロフィール・・・明治学院大学教員。専門は医療人類学。東日本大震災女性支援ネットワークのメンバーとして調査活動に携わっている。